読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモがわり

飲み屋で隣の席の女が話してるのを聞き耳立てちゃう感覚で見て欲しい

20歳の女

おはようございます。

ここ最近朝8時くらいから働いてるのでそんな時こそと思ってメイクにもちゃんと力入れて朝の爽快な日差しと気温のままに生活してるので気持ちまで爽快になっちゃってます。

 

この前このブログのアクセス数なるものを見れることを初めて知って意外と見てくれてたので少し嬉しかったです。こんなこと言うとメスが承認欲求満たしてって思われるかもしれないのですが、やっぱり何かを表現するにあたって反応が返ってくることっていうのは糧ではないでしょうか

そこで読んでくれてる人は私より年上の人が多いと思います。私はもう知っています。年上というだけで相談して良いものじゃないと。それは同い年見てても思うから。

 

なんか20歳って分岐点感あります。

10代の高校生のような恋愛は終わり、短大専門生は卒業し、就職した人は2年目になってやめた子も増えました。大学も後半になり来年には就活です。

高校3年間一緒だった友達は公立大学に入ったものの、友達入るけどなんとなく楽しくない日々を送ってたみたいで 地元の元ホストでミュージシャン目指してる酔っ払うとその場にいる女にも暴力を振るう絵に書いたようなクズと付き合い、大学を休学して一緒に住んでいるそうです。その子曰く、「自分が後悔しないようにやれることは全部やりたいから」ということで今は炊事洗濯掃除から金銭面の処理まで行っているそうです。きっと復学しても辞めるんじゃないかと思っています。

 

あと1人は大学の友達で 41歳の人と2年間付き合っててる女の子で、その男の人はかなりハードな人で中学の時に親が再婚し新しいお父さんになった人に虐待を受けて軽度の心臓病と精神病を持つようになりました。いまでもすぐに過呼吸になります。そして高校でひとり暮らしをはじめると、おばあちゃんからの支援と自分のバイトで頑張ろうとしますが上手くいかず闇金に手を出したそうです。そして結局高校は辞めることになり、中卒で心臓病持ちということで正社員として雇ってくれる先がなくてやっと全てのお金を返せたのは30代の時だったみたいで、私の友達と知り合った頃にはゴーストライターの仕事を始めて低賃金の中で暮らしていました。 その彼が今年の下旬から危ない仕事をするしかなくなり、危険にあわせたくないから別れようと言ってきたらしいです。彼も好きだから別れようと言って一ヶ月経った今でも暇を見つけては寝食を共にしているらしいです。

 

お互いに離れた方がいいことは分かっているのに離れられないのか〜って苦しいな~って。

年の差もあって付き合ってること自体数名にしか言ってないし元気で明るい子だから目の前で話してて泣いた時に何も出来ない自分がとっても無力な気がして悲したかったな~、、

どうなるか分からないけどどっちでもよしよしすることしか出来ないからな~、、

 

って感じ!

 

またね!

桜と雨

こんにちは。

お昼ですね 昨日一昨日くらいは桜が満開で凄く感動しました

 

f:id:urataakari3:20170406114727j:image

 

福岡は開花が東京よりすこし早いみたいですね。昔から花に興味なんてあんまり無かったけど桜だけはずーと眺めとけるなって思ってました。だから昔から詩人たちは桜の唄を沢山詠んだりしたのかなあっておもいます。

私の妹はひらがなで さくら という名前なので羨ましいなあって、思ってたことをいつもこの季節になると思いだします。

 

最近は彼氏がアメリカから帰ってきました。彼の育ての親であるおじいちゃんが末期だそうです。一緒にお見舞いに行ったりしました。

雨が最近増えてきてぬるい風が通り過ぎるのはすこし気持ちいきがします。

なんて声をかけたらいいのかもわからないのでとりあえず毎日一緒にいて一緒にご飯を食べて一緒に寝てます。

 

起きたのでまた書きたいことがあるので近々書きます。

 

ウキウキ

今日は3月29日。

三月ももうおしまいに近づいてきましたね。

少し暖かくなってきたなって思ったら冷たい雨が降ってきて上着来てくればよかったなあどっか入ってコーヒーでも飲もっかなんて会話する毎日です。

春になったら黄色とピンクでウキウキしちゃうなーって思ってて自分が思ったより女の子でビックリしました。

 

実は今週末に彼氏が帰ってくるのです!家庭の事情で帰ってくるからあんまり会えないかもしれないんだけど嬉しくて嬉しくてずーっとニヤニヤしてます。

彼氏は先月からアメリカにスケボーしに行ってましてものすごーく寂かったし、会うのが楽しみなんだけどそんな時に限って肌は荒れるし生理前でいつくるか分からないし暴飲暴食止まらないし結構最悪な感じ!

でもうれしい〜~〜☺️☺️いまはその嬉しみでなんでも頑張れます!

 

わたし嬉しい時に本当は嬉しいのになぜかスカしたような態度とる癖あるの自分でもわかってるから本当に嬉しいってことを彼の前でも表現できたらいいなって思います!

 

あと昨日鍵を中洲で無くしてなくした場所が場所なだけに戻ってこないと思って絶望してたけど、良かったです!ほんとにクソみたいな8年くらい使ってるキーケースに家の鍵・自転車の鍵が付いててさらに学生証と車校のカードと仮免許証が入ってて、かなり絶望的だったんですけど先日財布の二万円と携帯をなくしたばっかりなので不思議と焦りはなかったです!

「やっべ〜~〜〜(^-^)」てなったくらい!

 

でもやっぱり家の鍵ないと不便ですね!

携帯の時も思ったんですけど、ほんと大変!

とりあえずその日は友達の家に寝て、昼に家庭教師のバイトに行ったんですけどそっから家に帰ろうにも「あ、私には帰れる家ないんだった(^-^)」てなりました。

 

結局その次の日に鍵が見つかったと警察から連絡が来てやった~〜!てなりました。

 

ことし厄年なんですよわたし。ここ最近の子の紛失具合、厄なのか普段の不注意のカルマが一気に来たのか知りたいところです。

 

何はともあれもうすぐ暖かくなるしぴっぴには会えるし今の私は最強なのでした!

おーしまい!☺️

 

またね~

こんにちは、本日は3月23日 今日は履修登録をしに学校へ登校中です。

 

最近はどうでしたか?私は今日の朝から乗るバスを間違えてすこし機嫌が悪かったです。

私は今年の春から三年生になります。二つ下の妹が福岡に引っ越してくるのが心配です。

 

あの時は死ぬほど友達ができなかったな〜苦しかったな~って思い出します。

 

3年生から私はゼミが始まります。たまたま学びたかったことが一番忙しいらしいゼミだったのですが入りました。四千字レポートがあるのですがまだ終わってないです。

 

とはいえ、春休み中に会わなかった友達と久々に履修登録で会うと会話は弾むし楽しいですね。今年の春休みは割とバンドを頑張ってました。私はバンド界隈にいるヤツらのことはたいがいすごく嫌いなので、まさにバンドっぽい!みたいな友達はあんまりいません。

音楽理論的にそれは〜」とか言い出すメタルの女ギター(オタサーの姫状態のクセに「こいつ女じゃねえんだよ」「うるせーよ!」とかいうクソ寒いやり取りしてるやつ)とかブタみたいなライブハウスのオーナーとかと一生関わりたくないですね。

 

すごく話がずれました。

 

三月から六月くらいまで彼氏がスケボーするためにアメリカに行きました。

不思議と寂しくて嫌だなという気持ちはなくて、気ままに過ごしてます。家の近くを夕方に歩いてる時一人で孤独で寂しくて心地よいなあと思う時があります。寂しい方が普通だもんね、普通じゃないと思うからときに男に頼ったりするのかもね

最近は一人で映画を見に行ったりバイトに行ったりしてます。バイトは家庭教師とロックバーをしてます。

私の家は家族みんな弦楽器をしてました。音楽が中心の家で、私もかじってたのですが、妹の方がうまくて劣等感を感じていたので家で弾くことはもうないと思います。だから、お父さんとかは私がまだ音楽してることも知らないんじゃないかな~って思います。どうでもいいけどね。まあでも、結局全然うまくなりませんでした。

 

来年の今頃は本格的に就活でもしてるんでしょうか。今のところ金融系か不動産かなあと思ってるのですが営業とかになりたくないなあ。

 

そんな感じ!読んでくれてありがとう!

地方女子私大の緩さ

こんにちは。酔ってます。誤字があっても大目に見てね。

 

私は地方の私立女子大生です。

 

女子大生になった4月、私は女子大にはいるつもりはなく国立の政経学部に落ちた悲しみで泣いていました。Instagramをフォローしていただいている人はわかっていただけると思うのですが、大学に入る時に幼なじみの死(いつかそれについても書きます)もあり、友達が少なかったです。

 

なので、インカレなどに入ることもなく1回生を過ごしていきました。

 

そして2回生になったころ、いわゆるイケイケグループと仲良くなり未だにそのグループと共にいます。

 

なので私は2回生の夏に彼女達が学内サークルなどには入らず、インカレで出会いまくっているという事実を知りとても驚いたのです。

 

いまTwitterでは暇な女子大生 ( @bored_jd ) さんが膣ドカタとして名を馳せていますが、それは地方女子大には、日常でしかないのです。

 

私はいま福岡に住んでいますが、福岡にはいろんな件から来た人が住んでいるので殆どがクソ田舎出身です。 なので、Tinderで出会った早慶March出身と、優勝することはとても膣キュンな出来事であり、元祖膣ドカタの暇な女子大生さんに上乗せで「"田舎出身の自分"が都会育ちの"エリート"社会人と行為している」ということに酔って、エクスタシーを感じるのです。

 

あと、地方女子私大生は親が地方の中では金持ちであることがおおいのでスグやれます。

あと、ラブホも折半でいいです。

 

 

そんだけ。酔ってこれ以上書けないし。おや〜!

私のこと(幼少期に受けた性的悪戯など)

今日は私自身の今までについて書きます。

 

早く家事をしたい所なのですがどうもやる気が出ないので、、

私は正直に言うと高二から今の彼氏ができるまでの間、かなり性に奔放なタイプでした。理由はまあベタっちゃベタだと思います。両親の愛は十分すぎるくらいに受けてましたし、大好きです。 

昔に遡って書いていきたいと思います。

私は保育園の時三人のいつも遊ぶ友達がいて、みんな女の子でした。昔から交友関係を広げるのが得意なタイプではなかったので、小学校に上がると4年生くらいまで保育園時代の友達としか遊んでませんでした。しかし、幼なじみ達は1年生の頃からほかの地区の友達をつくり、次第に放課後もその子達と遊ぶようになり、一人ぼっち、という程ではないけど疎外感を感じるようになりました。

そして、ちょくちょく学校を休みたいと言い出すようになりました。これに対して親はお兄ちゃんにも小学校入学当初、そういうことがあったけれどその後は普通だったので意外にすんなり休ませてくれました。

お母さんはその頃婆ちゃんのお世話で忙しくて野放し状態で、私にとってはそれがありがたかったです。しかし昼ごろに友達も学校に行ってるのに1人ですることがないということに気付きました。二階の窓から外をぼーっと眺めていると高校生くらいのお兄さんがいました。今考えると高校生がなんであの時間にうろついてたのかなあと思います。

暇だったので降りて近くで見てみたいと思いました。降りていくと隣の家のお兄ちゃんであることに気付きました。顔見知り程度だった私たちはすぐに仲良くなり、海辺などを散歩してそれから私が学校を休む度にいつも一緒に遊びました。まあ、お察しがつくとおりこのお兄さんが、家の近くに昔あった小屋で遊び と言っては初めは手首をタオルで縛る程度だったのがエスカレートし、吊るしたり、紐を這わせたりしていました。しかしそこから身体に触れることはなく、「とってよ〜」という私をからかいながらすこし時間が経つととって、のような日々が続いてました。

子供ながらにお母さんやお父さんに話せないなと思っていたし、言わないでねと言われていたので言えませんでした。

そんなある時、後ろ手縛りをされている時にパンツを見せてと言われて嫌だというのですが、縛られていて、足で抵抗していると「じゃあもう遊ばないよ」と言われました。

すごくすごくすごく、恥ずかしかったし、嫌だったけれど、小学生の頃の小さい世界で生きている私にとっては遊んでもらえないということはすごく大きかったのです。

まあ、それからいろいろエスカレートしていきついに私は「辞めて、もう遊ばなくていいから触らないで」と言いました。彼は呆然としていて、分かった、と言いました。その少しあと、彼はあの小屋であの紐で死んでいました。

 

私が殺したんだな、と意外と冷静にぼーっと考えてたのを今でも覚えています。私が辞めたからいなくなったんだと思いました。その少しあと小学六年生になりその頃は友達も出来て、マセガキだった私はクラスの男の子と初めて付き合いました。その男の子と文通や初めてのキスをしたとき、キスしなかったらこの人も私から離れて行くんだろうかとぼーっと考えていました。中学校になると下ネタや性に関する事柄とぐっと近ずきます。私はクラスの中でもよく話す女の子で、男の子の友達も多く、男の子のグループに紅一点で下ネタを話すこともありました。今考えるとほんと品がなくて私らしいなと思います。でもそうやって笑っているとやっぱり性に関する事柄は人を近ずけるなと私の考えは裏付けされていきました。

 

そうやってクソビッチは完成しました!😆

 

いまの彼氏と付き合うまで、一人暮らしを始めた最初も寂しいと死ぬ!電話する!セックス!

みたいな感じでした。

 

今の彼と付き合って初めて浮気もせず、ちゃんと付き合えてるなって感じがします!初めて自分のこと大切にしてあげたいなって思ったからです。

 

これが私の幼少期から高校3年生卒業まででした。卒業直後にまた私が少し変わるきっかけになった出来事があったのでまたおいおい書いていけたらなーって思ってます。おーわり。

 

 

最近のこと(相席屋とチャラ箱に初めて行った話)

いま脱毛のために湘南美容外科に来ていて、めちゃめちゃ暇なので何か書こうと思って思い立ちました。

予約してたはずなのにすごく待たされててかなり眠くなってるのですが呼ばれた時に返事がないとまた最後になるみたいなので必死に起きてます。

いま待合室に一人だけ男性がいて、一人で

来たのだけど何用だろうか、、、まあいいんですけど。

 

 

最近というと誕生日を2.26日に迎えました。

これが人生でも五つの指に入るほど最悪な夜になりました。

 

友達と朝まで遊ぶ予定になってて、ご飯を食べてプリクラとか撮っててたのしかったのですが、やることがなくなり成人祝に成人にしかできないことをやろうという話に。 友達が「相席屋にいこう」といいだして行きました。人生初めての相席屋は40代のドカタっぽいおじさん3人のいる個室に通されました。正直この時点で帰りたさはMAXで、店員を恨みました。私の父は44才なのですが、このおじさん達も同い年だと言っていました。必死で楽しいポイントを探したのですが、ドリンクも空いてるのに頼んでくれない・声がうるさい・距離が近い・上から目線で話してくると良いところが全く見つからず、キャバクラで働いてるわけでもないのにこっちにアドバンテージがない状態で相手をしてるのが嫌になりすぐに出ました。

 

そのあと、福岡で1番チャラいクラブにチャラ箱好きの友達に連れられて行きました。チャラ箱にいくのは初めてで人の多さで死にそうでした。もう二度と行かないと思います。そこで気付いたら若い男の人3人組と一緒になっていました。私たちも3人だったのでそのまま飲みに行きまして、4人はホテル街へ消えていきました。 私と広島住みの男だけになり、とりあえずシャワーが浴びたいし寝たかったので帰りたいと言うと「俺も寝たい、本当に何もしないので家に入れて欲しい」と言われ、これはワンチャン男がよく言うテンプレではないかと思い、家に行くのは辞めてラブホテルへ行くことに。「本当に何も無いですからね、全然タイプじゃないしむしろ嫌いなタイプなので」と言いました。相手方も相当酔っていたので夜はそのまま、寝ました。

そのあと昼頃に違和感を感じて起きると隣にそーっと男が忍び寄ってきてました。ホテルまできてたらそりゃやりたくもなるよな、ごめんなと思いつつもシャワー浴びてくると言ってチェックアウトの時間を待ちました。

 

その後家に帰ってきずいたのですが、携帯と財布の中の二万円がなくなっていました。その男の携帯番号も何も知らないのでどこにも連絡出来ず、新しい携帯を買いました。ついに070になりました。

 

もうこんな飛び道具のような遊び方はしたくないなと思いました。