読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモがわり

飲み屋で隣の席の女が話してるのを聞き耳立てちゃう感覚で見て欲しい

最近のこと(相席屋とチャラ箱に初めて行った話)

いま脱毛のために湘南美容外科に来ていて、めちゃめちゃ暇なので何か書こうと思って思い立ちました。

予約してたはずなのにすごく待たされててかなり眠くなってるのですが呼ばれた時に返事がないとまた最後になるみたいなので必死に起きてます。

いま待合室に一人だけ男性がいて、一人で

来たのだけど何用だろうか、、、まあいいんですけど。

 

 

最近というと誕生日を2.26日に迎えました。

これが人生でも五つの指に入るほど最悪な夜になりました。

 

友達と朝まで遊ぶ予定になってて、ご飯を食べてプリクラとか撮っててたのしかったのですが、やることがなくなり成人祝に成人にしかできないことをやろうという話に。 友達が「相席屋にいこう」といいだして行きました。人生初めての相席屋は40代のドカタっぽいおじさん3人のいる個室に通されました。正直この時点で帰りたさはMAXで、店員を恨みました。私の父は44才なのですが、このおじさん達も同い年だと言っていました。必死で楽しいポイントを探したのですが、ドリンクも空いてるのに頼んでくれない・声がうるさい・距離が近い・上から目線で話してくると良いところが全く見つからず、キャバクラで働いてるわけでもないのにこっちにアドバンテージがない状態で相手をしてるのが嫌になりすぐに出ました。

 

そのあと、福岡で1番チャラいクラブにチャラ箱好きの友達に連れられて行きました。チャラ箱にいくのは初めてで人の多さで死にそうでした。もう二度と行かないと思います。そこで気付いたら若い男の人3人組と一緒になっていました。私たちも3人だったのでそのまま飲みに行きまして、4人はホテル街へ消えていきました。 私と広島住みの男だけになり、とりあえずシャワーが浴びたいし寝たかったので帰りたいと言うと「俺も寝たい、本当に何もしないので家に入れて欲しい」と言われ、これはワンチャン男がよく言うテンプレではないかと思い、家に行くのは辞めてラブホテルへ行くことに。「本当に何も無いですからね、全然タイプじゃないしむしろ嫌いなタイプなので」と言いました。相手方も相当酔っていたので夜はそのまま、寝ました。

そのあと昼頃に違和感を感じて起きると隣にそーっと男が忍び寄ってきてました。ホテルまできてたらそりゃやりたくもなるよな、ごめんなと思いつつもシャワー浴びてくると言ってチェックアウトの時間を待ちました。

 

その後家に帰ってきずいたのですが、携帯と財布の中の二万円がなくなっていました。その男の携帯番号も何も知らないのでどこにも連絡出来ず、新しい携帯を買いました。ついに070になりました。

 

もうこんな飛び道具のような遊び方はしたくないなと思いました。