読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモがわり

飲み屋で隣の席の女が話してるのを聞き耳立てちゃう感覚で見て欲しい

地方女子私大の緩さ

こんにちは。酔ってます。誤字があっても大目に見てね。

 

私は地方の私立女子大生です。

 

女子大生になった4月、私は女子大にはいるつもりはなく国立の政経学部に落ちた悲しみで泣いていました。Instagramをフォローしていただいている人はわかっていただけると思うのですが、大学に入る時に幼なじみの死(いつかそれについても書きます)もあり、友達が少なかったです。

 

なので、インカレなどに入ることもなく1回生を過ごしていきました。

 

そして2回生になったころ、いわゆるイケイケグループと仲良くなり未だにそのグループと共にいます。

 

なので私は2回生の夏に彼女達が学内サークルなどには入らず、インカレで出会いまくっているという事実を知りとても驚いたのです。

 

いまTwitterでは暇な女子大生 ( @bored_jd ) さんが膣ドカタとして名を馳せていますが、それは地方女子大には、日常でしかないのです。

 

私はいま福岡に住んでいますが、福岡にはいろんな件から来た人が住んでいるので殆どがクソ田舎出身です。 なので、Tinderで出会った早慶March出身と、優勝することはとても膣キュンな出来事であり、元祖膣ドカタの暇な女子大生さんに上乗せで「"田舎出身の自分"が都会育ちの"エリート"社会人と行為している」ということに酔って、エクスタシーを感じるのです。

 

あと、地方女子私大生は親が地方の中では金持ちであることがおおいのでスグやれます。

あと、ラブホも折半でいいです。

 

 

そんだけ。酔ってこれ以上書けないし。おや〜!