読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモがわり

飲み屋で隣の席の女が話してるのを聞き耳立てちゃう感覚で見て欲しい

20歳の女

おはようございます。

ここ最近朝8時くらいから働いてるのでそんな時こそと思ってメイクにもちゃんと力入れて朝の爽快な日差しと気温のままに生活してるので気持ちまで爽快になっちゃってます。

 

この前このブログのアクセス数なるものを見れることを初めて知って意外と見てくれてたので少し嬉しかったです。こんなこと言うとメスが承認欲求満たしてって思われるかもしれないのですが、やっぱり何かを表現するにあたって反応が返ってくることっていうのは糧ではないでしょうか

そこで読んでくれてる人は私より年上の人が多いと思います。私はもう知っています。年上というだけで相談して良いものじゃないと。それは同い年見てても思うから。

 

なんか20歳って分岐点感あります。

10代の高校生のような恋愛は終わり、短大専門生は卒業し、就職した人は2年目になってやめた子も増えました。大学も後半になり来年には就活です。

高校3年間一緒だった友達は公立大学に入ったものの、友達入るけどなんとなく楽しくない日々を送ってたみたいで 地元の元ホストでミュージシャン目指してる酔っ払うとその場にいる女にも暴力を振るう絵に書いたようなクズと付き合い、大学を休学して一緒に住んでいるそうです。その子曰く、「自分が後悔しないようにやれることは全部やりたいから」ということで今は炊事洗濯掃除から金銭面の処理まで行っているそうです。きっと復学しても辞めるんじゃないかと思っています。

 

あと1人は大学の友達で 41歳の人と2年間付き合っててる女の子で、その男の人はかなりハードな人で中学の時に親が再婚し新しいお父さんになった人に虐待を受けて軽度の心臓病と精神病を持つようになりました。いまでもすぐに過呼吸になります。そして高校でひとり暮らしをはじめると、おばあちゃんからの支援と自分のバイトで頑張ろうとしますが上手くいかず闇金に手を出したそうです。そして結局高校は辞めることになり、中卒で心臓病持ちということで正社員として雇ってくれる先がなくてやっと全てのお金を返せたのは30代の時だったみたいで、私の友達と知り合った頃にはゴーストライターの仕事を始めて低賃金の中で暮らしていました。 その彼が今年の下旬から危ない仕事をするしかなくなり、危険にあわせたくないから別れようと言ってきたらしいです。彼も好きだから別れようと言って一ヶ月経った今でも暇を見つけては寝食を共にしているらしいです。

 

お互いに離れた方がいいことは分かっているのに離れられないのか〜って苦しいな~って。

年の差もあって付き合ってること自体数名にしか言ってないし元気で明るい子だから目の前で話してて泣いた時に何も出来ない自分がとっても無力な気がして悲したかったな~、、

どうなるか分からないけどどっちでもよしよしすることしか出来ないからな~、、

 

って感じ!

 

またね!